東海旅客鉄道(JR東海) 2021年度2Q決算を徹底解説!

東海旅客鉄道(JR東海) 2021年度2Q決算を徹底解説! さとり世代の株日記 資産運用 株 投資 資産形成 株式投資 海外駐在 徒然草

せーの、全員HAWKS 鷹く〜〜!!

昨日の藤本新監督就任会見ですが、立派な式でした!王会長も特別チームアドバイザーに就任して下さり、現場で世代交代とV奪還を同時に実現する来季にかけるホークスの強い意志が感じられて嬉しいです!

笑顔が素敵な藤本監督!最高です!

王会長も「南海時代からずっとホークスと一緒に歩んできてくれた人だし、一度ユニフォームを脱いで指導者として戻ってからも11年が経ちます。今のホークスを熟知している人。特に、これから先の戦力となる若い選手をよく知っているのが心強い。また新たな形でスタートするのに適任と思います。」

とのコメント!本当に来季は期待大です😆😆😆😆

選手の皆様、来月4日からのキャンプは大変厳しいと思いますが、来季に向けて是非とも頑張ってください🦅🦅🦅!

どうも〜、ネオコンです😊

は〜い、皆さまありがとうございます、さて始まりました〜本日のさとり世代の株日記

今週から3月末決算企業の2Q決算祭りですね!私も速報ばかりツイッターでご報告させていただくだけがやっとで記事が全然追いついておりませんでした泣

週末はじっくりと腰を据えて記事を書いて参りますので、数ある決算の中から一番の注目企業である東海旅客鉄道(JR東海)について2Qを分析させて頂きましたので今回はご報告申し上げます。

コロナで苦境に立たされた代表業界である鉄道業界より、絶対的エースである東海旅客鉄道(JR東海)の登場ですね!

昨年のJR東海の決算分析記事はこちらです!(ついでにJR東日本JR西日本も!)

東海旅客鉄道(JR東海) 2021年度1Q決算を徹底解説! さとり世代の株日記 資産運用 株 投資 資産形成
せーの、全員HAWKS S15〜〜!! いや〜最後に追いつかれて引き分け〜泣 石川投手は7回1失点の好投。打線は相手を上回る10本のヒット...
東日本旅客鉄道株式会社 2021年3月期 決算説明会
ちゃお!ネオコンです! 本日は、先日ご報告させていただきましたJR東海に続きまして、同じくJRグループのJR東日本について解説申し上げます...
西日本旅客鉄道(JR西) 2021年度1Q決算を徹底解説! さとり世代の株日記 資産運用 株 投資 資産形成 株式投資
せーの、全員HAWKS S15〜〜!! いや〜本日は9−0と圧勝で最高でした!3回までに9点入ってテレビの前で勝ち試合を楽しみながらこの記...

昨年▲2,015億円の巨大赤字という上場以来初となる大惨敗となったJR東海

JR東大と言われるくらい東京大学出身者がほぼ役員の大半を占めている勝ち組中の勝ち組企業であり、東京と名古屋間のドル箱「東海道新幹線」を有する不敗神話を継続し続ける最強企業が新型コロナウイルスで一気に転げ落ちてしまいました。

今期は、年初は通期900億円の最終黒字化を想定しておりましたが、1Q決算時に150億円と早速下方修正しました。

新型コロナウイルス感染症の影響で鉄道需要が戻らないことが主な理由です。

本日時点で日本国内での新型コロナウイルス感染症の影響は徐々に収まりつつありますが、今回の2Q決算実績および、通期業績予想はどうなるのでしょうか。

それでは、定量的に、JR東海の2021年度2Qの経営成績のレビューについて一緒に見ていきましょう!

東海旅客鉄道(JR東海) 2021年度2Q決算

JR東海の2021年度2Q決算は、

営業損益▲341億円

経常損益▲670億円

当期利益▲444億円

と1Qに引き続き非常に厳しい決算となりました。

正直、あの不敗神話を有するJR東海がどこかへ行ってしまったのではないかと思わざると得ない結果です。

テレワークの普及に伴い、東京⇄名古屋間の新幹線出張需要が蒸発し、もう2度と元には戻らないのではないかという懸念すら抱いてしまいます。

下記が最大の収益ポーションを占めるJR東海単体の損益計算書ですが、営業収入自体は、昨年2Qと比べて改善したものの、やはり営業費が前年同様の額が計上されているため、結果的に営業損益は▲285億円の赤字で仕上がってしまっております。

やはり、莫大な固定資産を抱える鉄道企業の弱点はここです。

これは航空業界にも言えるのですが、売りを立てようが立てまいが発生してしまうこのコストは本当にコロナで弱っていようが容赦なくJR東海にのしかかってくる非常に厳しいコストです。

日本航空(JAL) 2021年度1Q決算を徹底解説! さとり世代の株日記 資産運用 株 投資 資産形成
せーの、全員HAWKS S15〜〜!! いや〜本日は、本当に悔しいです、マルちゃんは7回2失点の力投にも関わらず打線の援護に恵まれずにホー...
ANAホールディングス株式会社 説明会 2021年3月期 決算
さて、4月30日に、コロナ禍を代表する産業である航空業界の我が国の双璧をなすANAホールディングス株式会社の決算がありました。 新型コロナ...

そして、こちらがJR東海の十八番でありドル箱である東海道新幹線のご利用状況と運輸収入を示したものです。

本日時点でコロナの影響は大分収まってきましたが、やはり2Q単独では利用率は36%と1Q同様の低水準となってしまいましたので、ドル箱の完全復活とは言い切れないのが現状です。

10月以降は、47%とまずは2018年度比半分まで回復する見通しですので3Q決算では期待を寄せたいです。

東海旅客鉄道(JR東海) 2021年度通期業績予想

先ほど運輸収入の状況をご説明させて頂きましたので、それを通期で考えて、2021年度通期についての考察をして参ります。

通期の場合、下記の図が示す通り、運輸収入の回復が前期予想よりもかなり遅れていることがわかります。

前回予想では、3Q時点では74%程度までの回復が想定されておりましたが、今回予想ではやっと55%に乗った程度を想定しております。

この回復の遅れが主要因となって、通期の業績の下方修正が想定されます。

これを踏まえて、下記のJR東海の通期業績予想をご覧ください。

7月の1Q決算時に発表をした修正版2022年度業績見通しを今回さらに早速下方修正していることがわかります。

JR東海の2021年度通期業績見通し(単体)は、

営業損益380億円(前回予想差▲690億円)

経常損益▲350億円(前回予想差▲690億円)

当期利益▲420億円(前回予想差▲540億円)

いや〜本当に厳しい!!!

前回最終損益はなんとか120億円と死守したものの、今回結局▲420億円の赤字転落ですか泣

正直、ここまでくると鉄道一本足打法できたJR東海の事業ポートフォリオのアンバランスさが悪いと言わざるをえなくもなりますね笑

当初は鉄道需要が蒸発してかわいそうという気持ちにもなりましたが泣

ちなみにこちらがJR東海の鉄道以外の子会社ビジネスの業績予想なのですが、ご覧の通り、鉄道事業の利益に比べると存在しているかどうかわからないくらい小さくて、とてもじゃないが鉄道の赤字を埋める事業としての機能を期待するのには無理がありすぎることがわかります。

確かに前回予想よりかは好転しているものの、焼け石に水です。

そして、お待たせしました。

このような厳しい鉄道事業の減益が想定される中での通期(連結)業績見通しは下記の通りです。

純利益が単体ベースだと▲420億円だったのが、連結ベースだと▲300億円になるってことですね。

しかし、多少損失が薄まるものの何れにせよ非常に厳しい下方修正となりました。

最後に今の直近の利益積み上げ政策と、今計画中のリニア計画について触れておきましょう。

東海旅客鉄道(JR東海) 収益拡大とコスト削減の取組み

今の直近の利益積み上げ政策がこちらです。

一生懸命頭をひねって、昨今のテレワーク需要にこてるビジネスを創出する努力をしたり、引き続き固定費削減の経営努力を継続していることがわかります。

経営体力の再強化と第しまして、中長期でのビジョンを立てつつ、

その中で現状最も取り組みやすいコスト削減については本当に真剣に取り組んで利益を絞り出す取り組みを行なっております。

東海旅客鉄道(JR東海) 中央新幹線計画の状況

そしてこれがJR東海の利益成長をさらに爆上げするための秘策であった夢のリニア計画でが、現状地元住民の方との対話に努めるなど理解を求める丁寧な対応をしていることがわかります。

リニアで莫大な金がかかりますが、コロナで苦戦してこれ以上営業キャッシュ・フローが稼げなくなると本末転倒です。

JR東海の経営努力が一番ですが、とにかく1日でも早い経済再開、新幹線需要の戻りが強く求められます。

東海旅客鉄道(JR東海) まとめ

最後にJR東海の現在の株価を見ておきましょう。

現時点株価16,900円は過去5年間で2.37%下落した値であり、新型コロナウイルスが始まった2020年2月以降今までキープしてきた株価20,000円台を割ってからは、ずっと株価2万円以下のあたりで推移しております。

東海旅客鉄道(JR東海) 2021年度2Q決算を徹底解説! さとり世代の株日記 資産運用 株 投資 資産形成 株式投資 海外駐在 徒然草

下記はここ20年間くらいのJR東海の株主還元の軌跡を示しておりますが、昨年2021年3月期の赤字転落で10数年間継続していた増配がストップとなり、一転減配となりました。

今期も赤字転落ということで2年連続で赤字だが、連続となる減配はプライドが許さないのか、現状据え置き130円という形でここまできております。

しかし、今回連結でも純利益が昨年に引き続き赤字転落してしまう現状を鑑みると、今年は130円維持でもかなり頑張っているように見受けられますが、株価2万円台への復帰はまた遠のいてしまうでしょう。

次回は1月の3Q決算ですね!

なんとか人流の抑制が解除されてJR東海の不敗神話が復活する日を楽しみに待っています。

とにかく3Qで一点黒字転換しました!という吉報があることを願うばかりです!

1月の3Q決算発表も精緻に分析の上、ご報告させて頂きますので、どうか引き続き「さとり世代の株日記」をご覧頂きたく重ねてお願い申し上げます。

今回の報告は以上です。

それでは皆様最後にご唱和ください!

せ〜の、全員HAWKS、鷹く〜!!🦅🦅🦅

藤本新監督!来年は是非ともV奪還でお願いします!インドから応援しております!

またお会いしましょう〜!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東海旅客鉄道株式会社 2021年3月期 決算説明会

東海旅客鉄道(JR東海)2021年3月期決算を徹底解説!

西日本旅客鉄道(JR西) 2021年度1Q決算を徹底解説! さとり世代の株日記 資産運用 株 投資 資産形成 株式投資

西日本旅客鉄道(JR西) 2021年度1Q決算を徹底解説!

東海旅客鉄道(JR東海) 2021年度1Q決算を徹底解説! さとり世代の株日記 資産運用 株 投資 資産形成

東海旅客鉄道(JR東海) 2021年度1Q決算を徹底解説!

東日本旅客鉄道株式会社 2021年3月期 決算説明会

東日本旅客鉄道(JR東)2021年3月期決算を徹底解説!